カミソリ・シェーバー

自己処理で行うといえば、真っ先に思い浮かぶのが、・カミソリ,シェーバーの脱毛方法だと思います。処理方法の特徴や、メリット・デメリットについてご紹介していきますね。

 

カミソリ・シェーバーの処理方法

カミソリやシェーバーはドラッグストアやスーパーなどでも気軽に手に入ることで、多くの人が使っていると思います。ムダ毛が気になり始めた学生世代から使える手軽さも人気です。処理方法としては、基本的にはお風呂場での使用がメインになるでしょう。肌を濡らしておくことで皮膚が柔らかくなり、ムダ毛の処理もしやすくなります。そしてその上にカミソリやシェーバーのすべりを良くするジェルなどを塗るといいでしょう。カミソリやシェーバーの刃が直接当たらないように、剃りやすくするためにも滑りやすいものを見つけましょう。これも肌の状態や肌質によっては合うものと合わないものがありますので、選ぶときには注意をしてください。ジェルを塗り終わったら、早速カミソリやシェーバーの出番です。極力刃が肌に当たって傷つけないように、毛の流れに沿って剃ってみてください。最後に、肌の保湿をします。これはどの処理方法でも自己処理を行うなら共通ですが、保湿をすることでカミソリやシェーバーの刃が当たって傷がついてしまったところがあれば、確認をすることができます。チェックの意味でも保湿は忘れないでくださいね。

 

カミソリ・シェーバーで処理をするメリット

カミソリやシェーバーは広範囲の処理が簡単に短時間でできますし、お風呂にはいったついでという意味でも忘れずに処理ができると思います。カミソリやシェーバーなどでも色々とサイズや種類がありますので、狭い範囲の処理は小さめのもの、広い範囲は大きめのものなど、処理範囲の応じて選んで購入してもいいですね。元の値段が安いので、使い分けもしやすいです。

 

カミソリ・シェーバーで処理をするデメリット

やはり刃物を直接肌に当てるということで、どれだけ気をつけていても自己処理で使う分に関しては、肌が傷ついてしまうと思います。その後のアフターケアが大事になってくる処理方法なので、肌に負担がかかっているということを理解しておきましょう。また、カミソリやシェーバーは長く処理を続けることで埋没毛などの肌トラブルや毛穴が目立ってしまったりもありえるデメリットでしょう。深く剃れるからといって、毛の流れに逆らって処理をするとそうなってしまう可能性も高くなります。